PRE FLIGHT

出発前の確認 航空法第73条の2 航空法施行規則第164条の15

飛行前に行う機長の出発前の確認事項です。以下を参考にして実施してみて下さい。

 

当該航空機及びこれに装備すべきものの整備状況

1.航空日誌その他の整備に関する記録の点検

 概要、飛行記録、発動機装備換え記録、プロペラ装備換え記録

  型式 運用限界時間 T.T TBO TSC TSO
機体            
発動機            
プロペラ            

 

修理改造又は整備実施記録

前回の耐空検査実施状況  
TCD、SB、SL  
SQ  

2.航空機の外部点検及び発動機の地上試運転その他の作動点検

 1)使用機の日常点検記録表の確認

 2)使用機の外部点検

 3)使用機の試運転

 

3.耐空証明等の航空機に搭載すべき書類が備え付けられてあること(航空法第59条、航空法施行規則第144条の2)

 1)航空機登録証明書 登録年月日:    年   月   日

 2)耐空証明書    有効期限:     年   月   日

 3)運用限界等指定書  用   途:                   

             運用限界:                              

 4)飛行規程

 5)搭載用航空日誌

 6)飛行の区間、飛行の方式その他飛行の特性に応じて適切な航空図

 7)無線局免許状

 

4.整備規程等による所要の整備点検が実施されていること

5.姿勢測定装置等の必要な運航上の装備が正常に作動すること

6.救急用具が装備されていること

 1)救急箱

 2)非常信号灯

 3)携帯灯又は防水携帯灯

 4)救命胴衣

 

離陸有料、着陸重量、重心位置及び重量分布

1.離陸時の最大重量及び許容重心位置を確認していること

2.着陸時の最大重量及び許容重心位置を確認していること

3.零燃料重量及びその許容重心位置を確認していること

4.積載物の重量分布が適切であること

最大ランプ重量 最大離陸重量 最大着陸重量 零燃料重量
N類    LBS N類    LBS N類    LBS N類    LBS
U類    LBS U類    LBS U類    LBS U類    LBS

 

重量重心位置 ※ 重心位置表は省略します

  重量(LBS) アーム(in) モーメント(lbs-in)
1.自  重      
2.前  席      
3.後  席      
4.燃料(MAX  gal)      
5.荷物(MAX  lbs)      
ランプ重量      
6.地上使用燃料      
離陸重量      
7.使用燃料      
着陸重量      
零燃料重量      

 

許容重心位置範囲

  重量(LBS) 前方限界(in) 後方限界(in)
N類      
       
U類      
       

 

重量に基づく離着陸距離

  離陸
滑走距離
フラップ
ダウン
離陸距離 フラップ
ダウン
着陸
滑走距離
フラップ
アップ
着陸距離 フラップ
アップ
距離(FT)                
使用率(%)                

 

航空法第99条の規程により国土交通大臣が提供する情報(航空情報)

1.ノータムを確認したこと。

2.サーキュラーを確認したこと。

3.航空路誌の内容を確認したこと。

4.目的飛行場への事前連絡(Permission)。

 

当該航行に必要な気象情報

1.出発地、目的地、代替空港の現況及び予報を入手していること。